読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CDレビュー…っぽいもの─Vol.6

パルス/THE BACK HORN 08.09.03 Release

パルス(初回限定盤)(DVD付)

パルス(初回限定盤)(DVD付)

ややや。全体的にベースとドラムが、特にいいっ!(贔屓目抜いても)
そして、改めて言わなくてもいいんだけど、バクホンの詞と音が好きなんだわ。


さて曲の方は、というと「さざめくハイウェイ」と「白夜」がヤバいねぇ〜。気持ち悪くて気持ちいい。「さざめく〜」の鈍い感じの音は、あたしの好きな感じだ。たまらない〜!!(上手く表現出来ません)「フロイデ」は2曲目に来る曲ってこんな感じ!って感じで音が重い。かっけぇ。「グラディエーター」はCDだとボーカル以外の音が抑えめな気がするので、ライヴで聴いたら化けるかもしれない。想像するだけでにやり、としちゃう。ラストの「生まれゆく光」なんか…もう。何だろ。美しいね、メロディが。この曲、ライヴで本編ラスト以外には持って来れない気がするぞ。


アルバムの曲全体に若干古めのテイストのメロというか、そんなんがちょいちょい入ってる感じで。オイラのツボです。
「蛍」なんか、イントロとか間奏のギターとか特にそう。嫌いじゃないです。これ。


じわじわと、ゆっくりと脳が中毒になっていく感じのアルバムだと思う。ようやく2周目ですので、もっと聴き込んでいきたいと思います。
(ところでオイラあんまりシングルの「覚醒」聴いてないんだけど、アルバムヴァージョンと同じ?ライヴでばっか見てるから新鮮に聴こえたんだけど・苦笑)