読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やはり

らがーさんの作品は登場人物の描写が素晴らしい。どれもこれもテーマが重い。「葦の穂綿」は、立ち読みして読んだことがあったので、気になっていたのです。最後の「冬霞」は、見事に没頭して読んでしまったなぁ。3話とも凄く重い。けれど、最後には必ず「救い」がある。この3話の人たちのように、どんな人にも何かしらの「救い」があればいいな、と願ってやまないです。