読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和食の基本

と言えば「出汁」ですが、わたし「出汁」が大好きでしてね。日々『この料理に出汁を使ってみたらどうなるかなあ』と出汁の可能性を密かに探っております。楽しい。


昆布の汚れを拭いてる時とか、かつお節をファサーって鍋に入れる時、ひと煮立ちしたあとサッと火を消し、漉す時…。一番出汁が出来るのを待つあの時間が好きで、出汁を作って楽しんでいます。塩ひとつまみや醤油ひと匙で本当に味が変わるから、面白い。


最近は、だしパックという便利なものも、時短料理したい時に使わせていただいております。今は、実家の母が定期的に送ってくれる、いろんな昆布と魚がブレンドされている北海道のだしパック(これがおいしい)と、試しに買ってみた、にんべんの「薫る味だし(かつお)」の2つを使っております。にんべんの方は料理によって袋を破いて中身も使えるので、なかなか便利。ふわっと甘みがあります。


今夜はそんな出汁を贅沢(?)にブレンドして、今季初おでんにしました。いつもは醤油を入れて作るけれど、今回は出汁だけの味で食べてみたくて、余計な味つけはせず。


てってれー♪
結果、とっても美味しかったです(*´∀`)b 練り物から魚の出汁、昆布からも出汁、おでんは出汁天国!
(ちなみに玉子は半熟にするのがマイブーム)


…そういえば、実家の味噌汁は煮干しで出汁取ってたなあ。煮干しもやってみよう。