止まることがない時間ならば

「どうか、あともう少しだけ、ゆっくりと流れてはくれないか」と
いつも思っている。